年末年始はミスチル(Mr.Children)の365日を聞いて振り返りと目標を立てよう!

芸能

「人々が1年間で愛しあえる日数は365日」

ミスチルのライブで365日が始まると同時に流れたメッセージです。

人に優しくできるのも、人からの優しさを受けられるのも1年間で365日です。今年1年、愛する人の為にやり残したことはありませんか?

365日の魅力

私はこの歌を聞いて、いや聞くたびに泣きそうになります。「なんていい歌何だろう」と心から思います。

引き込まれるメロディーは勿論、歌詞も素晴らしい。全体を通して、「あなたがどれだけ好きか」という事を伝えたい歌詞ですよね。なんていうか、好きの尺度はこれだけっ。長さだと「あの人の愛する気持ちは10cmだけど俺は、100m」て具体的に数字で明確化したい。

このどれだけ好きかっていう気持ち、歯がゆいけど言葉や文章ではとても表わしにくい感情ですが、桜井さんはそれを見事に伝えている。というより聞き手に自然と伝わってくるんですね。小室哲也さんが桜井さんをこんな風に評価しています。

彼の声や唄に乗ると、考えさせられる歌詞やメロディであっても、スピート感を失わずに刺さるのだ。うらやましい。

確かに・・・そして小室さんもまたプロです。褒め方が物凄く上手いですね。

 

相手は亡くなっている?

相手の事が好きで好きでたまらなくて抑えられない想いを伝えたい。そんな歌だと思いますが、「伝えられない」=「亡くなっている?」と捉える事もできるかと思うんです。

「好きという気持ちを伝えたい」けど伝えられない。

でも歌詞を見ると違うかな?と思う部分がある。例えば、

 

①同じ気持ちでいてくれたらいいな

これは、相手は生きていて自分と同じ位好きでいてくれたらいいな。という意味ですよね?だけど、もしかすると例え天国にいても、自分は大好きだし相手も同じような気持ちでいてほしい。という解釈もできなくはないと思います・・・

 

②昨日よりも深い場所で君と出会いたい

昨日会ってるんですよね。

でももしかしたら、夢の中での出来事かもしれない。だって、「目覚めた瞬間からまた夢の中 もうずっと君の夢を見てるんだ」て部分もありますからね・・・

 

こじつけっぽくなりました。まぁ何にしても想像というより妄想は自由ですからね・・・

というか、明らかに相手は生きていますね(笑)

そもそもが、エイズ検査(ラブチェック)の大切さを伝える為の曲ですから・・・

 

桜井さんのメッセージ

桜井さんは、365日で「愛する人に優しく」、「愛する事の大切さを知ってほしい」という事を伝えたいんだと思います。

この1年皆さんは、人をどれだけ愛して、どれだけの愛を受けましたか?

時間というものは有限で、どんなお金持ちでも絶対に取り返す事ができないものです。考えたくもありませんが、大切な人がいついなくなるかなんて、誰にも分かりません。そして失って「あの時もう少し、優しさをかけてあげればよかった」と後悔してもどうする事もできません。

今を悲しんでいる人、幸せな気持ちに満ち溢れている人、そのどちらでもない人。状況は多種多様ですが、愛する人に対して、「これで会えるのは最後かもしれない」という思いで一日一日を過ごす。特に、年末年始は実家に帰省している方も多いと思いますので、いつもより少し踏み込んで優しさをかけてみてはいかがでしょうか?

そして、毎日会う家族にも、常に優しい気持ちで接する事ができれば。来年からでもできればいいな。

そんなこと、考えている。

 

最後に、365日の歌詞

聞こえてくる流れてくる

君を巡る 抑えようのない想いがここにあるんだ

耳を澄ましても鳴り響いてる

君が好き 分かってる 馬鹿げている

でもどうしようもない

目覚めた瞬間から また夢の中 もうずっと君の夢を見てるんだ

同じ気持ちでいてくれたらいいな

針の穴に通すような 願いを繋いで

365日の心に綴るラブレター

とりとめなく ただ君を書き連ねる

明かりを灯し続けよう 心の中のキャンドルに

フーっと風が吹いても 消えたりしないように

 

例えば自由 例えば夢

盾にしてた どんなフレーズも力を失くしたんだ

君が放つ稲光に魅せられて

一人きりの方が気楽でいいや

そんな臆病な言い逃れはもう終わりにしなくちゃ

砂漠の町に住んでても君がそこにいさえすれば

きっと乾きなど忘れて暮らせる

そんなこと考えてたら遠い空の綿菓子が

ふわーと僕らの町に剥がれて落ちた

 

君に触れたい 心にキスしたい

昨日よりも深い場所で君と出会いたい

 

365日の心に綴るラブレター

情熱に身を委ねて書き連ねる

灯りを守り続けよう

君の心のキャンドルに

フーと風が吹いても消えぬように

365日の君に捧げる愛の歌

 

聞こえてくる 流れてくる

君を巡る想いの全てよ

どうか君に届け