[v6の愛なんだ2018]未成年の主張!大阪高等学校!レディ・ガガに浅井君がインタービュー?

芸能

この記事はネタバレ含みます。放送を見られていない方はご注意を!

2018年9月24日(月)19時~「v6の愛なんだ2018」で未成年の主張全国大会が放送されます。

で、大阪府はロケ地が2つあります。

その1つが大阪高等学校です。


大阪には三宅さんと坂本さんがロケに行かれたようです。

スポンサーリンク

大阪高等学校

大阪高等学校(おおさかこうとうがっこう)は、大阪市東淀川区にある私立の普通科高等学校。かつては男子校であったが、2008年4月より男女共学となった。最寄駅は、阪急京都本線相川駅。

引用元:Wikipedia

所在地は下記。

大阪はおもろいなぁ

浅井君がレディ・ガガと対面

「アイ・ウォン・トウ・トーク・トゥ・レディガガでーっすぅーー」

で、なぜレディ・ガガに遭いたいのか聞くと、、、

僕は自己主張が得意じゃないので、なぜガガ様が自己主張ができるか聞きたい

とのこと。でも、英語は絶望的・・・翻訳アプリで浅井君が、、、

My name is kennsuke Asai

と言うと、アプリは、

「私の名前は恐怖のサイトです」

と回答www爆笑した

でも、レディ・ガガさんは、1年ぶりの休養から復帰の為、世界中のメディアがインタビューを懇願しているらしい。そんな時に浅井君がインタビューするのはもはや絶望的かもしれないとの事。

で、そんな時、船着き場にレディ・ガガが到着。30mまで接近します。

頑張って叫ぶ浅井君www

が、残念ながら届きませんでした。

諦めた浅井君でしたが、翌日・・・

なんと、必死の叫びが通じたのか、地元の新聞に浅井君乗っちゃったwww

で、新聞に載っちゃった浅井君を見たレディ・ガガが会ってくれることになったんですね。

で、おまけに浅井君が載った新聞にサインも・・・

で、ここからインタビュー。

まずは、挨拶から、、、

浅井君:「私の名前はMy name is Kensuke Asai」

浅井君:「17歳です」

浅井君:「映画にはとても感動しました。」

ガガ:「それが聞けただけで十分願いが叶いました」

(願い???)

浅井君:「いくつかお尋ねしてもいいですか?」

ガガ:「もちろん」

浅井君:「僕は引っ込み思案なんです。僕は自己主張が上手じゃありません」

浅井君:「なぜ上手に自己表現が出来るようになったのですか?何があなたを強くしたのですか?」

ガガ:「説明するのは難しいけど私が少女だった頃から、この気持ちはずっと持ち続けてきた。私はパフォーマーになりたい。」

ガガ:「これは本当に説明が難しいことで、『私はこの道に生まれたの』としか言いようがないわね。でも私もこの映画の主人公・アリーのように自信がないところがあって・・・」

ガガ:「この映画で私が演じたアリーを見たでしょう?アリーはとても自信なさげで同じ想いを私も抱えている。」

ガガ:「でもね。あなたやファンの人達の目を見ていると私は強くなれるの。ありがとう」

浅井君:「どういたしまして」

www

ガガ:「私もあなたを尊敬するわ。まだ17歳なのに遠くから来てくれた。こうして出会えるなんて素晴らしい事をしたのよ。

浅井君:「センキュー」

浅井君:「あなたにプレゼントがあります」

ガガ:「見えてたわ」

浅井君:「どうぞ」

ガガ:「ありがとう」

浅井君:「僕のラブレターです」


(浅井君。嬉しそうwww)

ガガ:「彼に伝えてもらえますか?」

ガガ:「あなたは強いわ。私はあなたのハートを感じられる。

浅井君:「ワオ。ベリーハッピー」

(浅井君羨ましすぎるwww)

インタビューを終えて、、、

浅井君:「自分にも心の中に夢があるから、ガガさんみたいに叶えられていて、他の人にも叶えられるという事を広めて行けるような人間になりたいです」

とのこと。

浅井君の夢は小説家だそうです。

頑張ってください。