[WBS] 日銀の具体的な金融緩和策は?ワラント(株式購入権)に一考の価値あり?

スポンサーリンク
政治・経済

日銀黒田総裁と大江キャスターの対話。

資金繰りに苦しむ企業・個人が増えてきているが日銀はどういった役割を果たすべきと考えているか?

非常に危機的な状況であり、中央銀行としてできることは何でも最大限やるということに尽きると思う。

日銀は経済が急速に悪化していることから、追加の金融緩和を決定。

金融機関や企業との資金調達の円滑確保に万全を尽くし、金融緩和を一段と強化することを決定した。

具体的な金融緩和策は、、、

  1. 年間80兆円を目処としている国債購入額の上限撤廃
  2. 社債やCP(コマーシャルペーパー)の買い入れ枠の上限を計20兆円(約3倍)に増加
  3. 企業向け融資の資金を金融機関にゼロ金利で貸し出し

との事。

スポンサーリンク

FRBと日銀の総資産の増加率

大江キャスターと滝田キャスターの対話。

FRBは国債を丸呑みしているので、58.1%の資産が増えている。一方日銀は5%足らずの増加と少ないので、ここが日米の大きなギャップとなっています。

どうしてこんなに差が出てくるのでしょうか?増加率というのがポイントになるのか?

裏側にあるのは財政の問題です。

アメリカは財政出動を極めてスピーディーに行っている為、国債の発行が増えており、その分をFRBが丸呑みしている。

日本は相対的に出遅れましたが、10万円の現金給付を含め財政出動をこれから本格化していき、日本銀行としても国債を青天井で買う為、財政出動の受け皿になる準備をしている。

財政と金融が一体となって対応にあたるための無制限ということですか?

その通りだと思います。

 

大規模な金融支援にはワラントが必要

大江キャスターと滝田キャスターの対話。

政府が株を持つことで経営が縛られるのではないかと心配される為、政府が企業にお金を出してあげる代わりに「ワラント」を取得するがいいのではないか?

ワラントとは?

企業の株式を購入することができる権利です。

今の株価は安いので、その株価で購入し戻れば政府に儲けが出る。一方で経営には一定の自主性が残される為、バランスの取れた救済策となるのではないかと思う。

ワラントを利用すれば国有化にはならないということですか?

今のアメリカの航空業界に対する支援が「ワラント」を利用している為、一考の余地があると思う。

 

皆の声

コメント

スポンサーリンク