TS CUBIC Payの審査は厳しい?ポイント還元率も低いのでTOYOTA WalletかTS CUBIC CARDを!

スポンサーリンク
Pay払い

TS CUBIC Payは、年会費無料の後払い型バーチャルカードで、TOYOTA Walletへのチャージやトヨタ販売店での支払いに利用できますが、結論から言うと、単体で利用するメリットはありません。

では、どのような利用をすればよいのか?

「TS CUBIC Pay」の概要と共にまとめます。

スポンサーリンク

TS CUBIC Payとは

年会費や使える店舗は?

TS CUBIC Payは、年会費無料ですが、バーチャルカードなのでトヨタ販売店かTOYOTA Walletへのチャージにより、全国150万ヵ所以上のiD加盟店で利用ができます。

ただ、トヨタが発行する「TS CUBIC CARD」の方が下記のように年会費がかかりますがプラスチックカードなので、VISA、MasterCard、JCBの加盟店で利用可能ですし、ポイント還元率も5倍以上になるのでメリットは大きいです。

本カード 家族カード1名分
レギュラーカード 通常カード 1,375円(初年度無料) 440円(初年度無料)
TS CUBIC VIEW CARD 1,925円(初年度無料) 990円(初年度無料)
セレクトカード 通常カード 2,750円 1,100円
TS CUBIC VIEW CARD 3,300円(初年度2,750円) 1,650円(初年度1,100円)
ゴールドカード 通常カード 11,000円 無料
TS CUBIC VIEW CARD

 

利用限度額の上限は?

TS CUBIC Payの限度額は、利用者によって異なりますが「TOYOTA Wallet」アプリから確認可能です。

  1. 「TOYOTA Walletアプリ」にログイン
  2. 各決済手段毎のホーム画面に表示している「TS CUBIC Pay」アイコンをタップ
  3. 画面左上の「三」をタップし「ご利用可能枠」をタップ
  4. 表示された画面にて「ご利用可能枠」を確認

 

審査は厳しい?

満18歳以上(高校生を除く)で安定継続収入のある方であれば申し込みできます。また、9:00~20:30までであれば即時審査(最短5分)・発行が可能です。

審査結果は、アプリ上で確認できます。

発行元のトヨタファイナンスが、CICのみでJICCやKSCには加入していない為、難易度は低いと思いきや、意外と否決になる方が多いです。特に、収入が不安定になりがちな自営業やフリーランスの方は審査通過が難しいようです。

 

ポイント還元はあるも還元率が低い

通常は、1000円ごとに2ポイント還元されますが、TS CUBIC CARDを持っていれば、1,000円ごとに10ポイント還元に大幅UPされるので、TS CUBIC Payだけでは何のうまみもありません。

また、TOYOTA Walletの「iD/MasterCard残高・QUICPay残高・au PAY」へのチャージはポイント付与の対象とはなりませんし、ポイント自体も下記のように還元率が通常のクレジットカードと比べて低いので、TS CUBIC Pay単体での利用にメリットはありません。

利用・購入内容 交換レート 還元率
(CARD連携)
新車購入 1ポイント→1.5円 0.3%
(1.5%)
住宅購入(トヨタホーム)
車検・点検・カー用品・中古車の購入 1ポイント→1円 0.2%
(1%)
TOYOTA Walletへのチャージ 1ポイント→0.5円 0.1%
(0.5%)

よって、「TS CUBIC CARD」を申し込むか、利用する為のアプリである「TOYOTA Wallet」での決済がお薦めです。

 

TOYOTA Walletはメリットが豊富

一方で、TS CUBIC Payを利用する為のアプリ「TOYOTA Wallet」自体はメリットが豊富です。

まず、TOYOTA WalletはiD加盟店で利用でき、1%が還元されますし、残高をチャージするクレジットカードのポイントも獲得でき2重取りが可能です。更に、Kyashというプリペイドカードを挟むことでポイントの三重取りが可能になります。

下記カードであれば、合計すると還元率が驚くほど高くなります。

例)クレジットカード還元率+Kyash Card(0.2%)+トヨタウォレット(1%)

  • 還元率2.4%:リクルートカード
  • 還元率2.2%:楽天カード
  • 還元率2.2%:PayPayカード

しかも、現在、上記カードは高額なポイントが獲得できる入会キャンペーンを実施しているだけでなく、ポイントサイトを経由して申し込むことで、高額な入会特典の2倍近い利益をたたきだすことが可能です。

 リクルートカード楽天カードPayPayカード
入会キャンペーン6,000円分5,000円分7,000円分
ポイントサイト特典4,000円分6,000円分5,000円分
合計10,000円分11,000円分12,000円分

 

面倒くさいと思われるかもしれませんが、ポイントサイトへの登録は数分ででき、登録が完了したら○○カードと検索して「POINT GET!」をタップ(クリック)。後は、公式サイトから従来通りの申し込み手続きを行うだけなんです。

それだけで、入会特典の2倍近いポイントを獲得できるわけですからやらない理由は無いと思います。是非、この機会に申し込みをしてみてはいかがですか?

No.1のポイントサイト moppyからクレジットカードを申し込む

TOYOTA WalletへのチャージはKyashがお薦め?後払いのバンドルカードでは不可?
「TOYOTA Wallet」は、iDが使える店舗で幅広く決済でき、かつ、1.0%残高が還元されるので、利用している方は多いと思います。更に、クレジットカードやKyash Cardを間に挟むことで2%超えの超高還元が実現されます。 興...

コメント

スポンサーリンク