びっくりドンキーでお薦めの支払い方法は?PayPayや電子マネーは使える?

スポンサーリンク
飲食店での支払い

ハンバーグチェーンの「びっくりドンキー」。

個人的にハンバーグは「びっくりドンキー」が一番大好きです。あまり、ハンバーグ自体を食べないからかもしれませんが・・・

そんな「びっくりドンキー」で使える支払方法は何があるのでしょうか?

スポンサーリンク

QRコード決済は使える

「びっくりドンキー」で対応しているQRコード決済は下記のようになります。Smart Codeに対応しているため、ほとんどのバーコード決済に対応済みです。

一部の店舗で使用できない場合があります。

QRコード決済 使用可否
PayPay
楽天ペイ ×
d払い
LINE Pay
au PAY
メルペイ
ゆうちょPay ×
ANA Pay ×
FamiPay ×
EPOS Pay ×
AEON Pay ×
銀行Pay △(一部店舗で利用可能)
Bank Pay ×
Payどん ×
WeCaht Pay
Alipay
atone ×
K PLUS ×
ギフティプレモPlus ×
pring ×
ララPay ×
Lu Vit Pay ×
クオ・カードペイ ×
J-Coin Pay
※銀行Pay参加行は、OKI Pay(沖縄銀行)、こいPay(広島銀行)、はまPay(横浜銀行)、ほくほくPay(北海道・北陸銀行)、YOKA!Pay(熊本・十八親和・福岡銀行)等です。

 

クレジットカードは使える

「びっくりドンキー」では、下記国際ブランドのクレジットカードが使えます。

国際ブランド 可否
VISA
MasterCard
JCB
American Express
Diners Club
Discover ×
UnionPay ×

 

電子マネーは使える

「びっくりドンキー」では、電子マネーが使えます。

ブランド 対応可否
主要 nanaco ×
楽天Edy
WAON
交通系 Suica
PASMO
Kitaca
TOICA
manaca
ICOCA
PiTaPa ×
SUGOCA
nimoca
はやかけん
その他 iD
QUIC Pay
Apple Pay ×
Google Pay ×
PayPal ×

 

ギフト券の使用は不可

ブランド 可否
VJAギフトカード ×
JCBギフトカード ×
AMEXギフトカード ×
UCギフトカード ×
DCギフトカード ×

 

共通ポイントは貯まらない

共通ポイントは、貯まりません。

可否 還元率
楽天ポイント ×
dポイント ×
Pontaポイント ×
Tポイント ×
nanacoポイント ×
WAON POINT ×

 

「びっくりドンキー」でお薦めの支払い方法は?

ご覧のように、バーコード決済は、ポイント還元率が高くなるので、お薦めの支払い方法は、特に還元率の高いPayPayです。

PayPay 楽天ペイ au PAY d払い
ポイントカード提示
最高還元率 1.5% 1.5% 0.5% 1.0%
ゴールドカード所持 0.5% 1.0%
合計還元率 2.0% 1.5% 1.5% 1.0%
PayPayは「あと払い」で尚且つ、PayPayステップのクリアが条件
※楽天ペイは、楽天カード から楽天キャッシュへのチャージが条件
※d払いは、dカードでの支払いが条件

 

楽天ペイは楽天カード さえ持っていれば、還元率1.5%が実現されます。

一方でPayPayは、PayPayステップをクリアしなければなりませんが、私は、PayPayがお薦めだと思います。

確かに、月に30回以上で尚且つ、10万円以上の決済と条件がありますが、PayPayのシェア率や店舗数はQRコード決済サービスでは断トツです。

PayPayの一人勝ち?QRコード決済の還元率は、楽天ペイ、d払い、au PAYのどれが一番?
2018年のPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」を皮切りに、クレジットカードと紐づけたバーコード決済が、爆発的に普及しました。 一時期は、どのサービスがお得か悩む時期もありました。 そして、出た結論は、どこの店舗が...

そう考えると、PayPayで支払う習慣さえをつければ、条件クリアも難しくありませんし、楽天ペイよりも広い範囲で確実に1.5%以上の還元率を獲得することができます。

更に、PayPayカード ゴールドに申し込めば常時2,0%のポイント獲得という超高還元も夢ではありません。もし、PayPayあと払いを利用していないなら、検討してみてはいかがですか?

PayPay後払いは危険な罠?PayPayカードとの違いやメリット・デメリットまとめ!
「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列です。ただ、クレジットカードの発行を拒む属性の方を「PayPayあと払い」という名目で、会員として取り込むための施策に過ぎません。

コメント

スポンサーリンク