PayPayの一人勝ち?QRコード決済の還元率は、楽天ペイ、d払い、au PAYのどれが一番?

スポンサーリンク
Pay払い

2018年のPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」を皮切りに、クレジットカードと紐づけたバーコード決済が、爆発的に普及しました。

一時期は、どのサービスがお得か悩む時期もありました。

そして、出た結論は、どこの店舗が最も安いかを調べてから、その中で最もポイント還元の高い支払い方法を選択するということです。

スポンサーリンク

2023年のポイント還元率は?

 PayPay楽天ペイau PAYd払い
基本還元率1.0%1.0%0.5%0.5%
最高還元率1.5%1.5%1.0%
ゴールドカード所持0.5%1.0%
合計還元率2.0%1.5%1.5%1.0%
※PayPayは「あと払い」で尚且つ、PayPayステップのクリアが条件です。
※楽天ペイは、楽天カードから楽天キャッシュへのチャージが条件です。
※d払いは、dカードでの支払いが条件です。

 

PayPayの還元率

PayPayの最高還元率は、2.0%です。

PayPayは、PayPayあと払いによる決済でしかポイント還元はありません。

PayPayに別のクレジットカードでチャージし支払うPayPay残高払いやPayPayに登録したクレジットカードでの支払いもポイント還元の対象外となるので注意が必要です。

PayPay残高支払い PayPayあと払い PayPayカード
基本還元率 0.5% 1.0% 1.0%
PayPayステップ +0.5% +0.5% +0.5%
PayPayカード ゴールド所有 +0.5%
合計 1.0% 2.0% 1.5%

 

PayPayカード ゴールドのデメリットは年会費!PayPayカードとの損益分岐点はいくらで違いは何?
PayPayカード ゴールドがサービスを開始し「10・10・3(テンテンスリー)のCM」がかなり話題になっていますね。ソフトバンクで10%、ソフトバンク光で10%、ソフトバンクでんきで3%が還元されるという意味合いです。しかしながら全ての方

 

楽天ペイの還元率

楽天ペイの最高還元率は、1.5%です。

 楽天ペイ楽天Edy楽天カード
楽天カードからチャージ0.5%0.5%
楽天ペイで決済1.0%
楽天Edyで決済0.5%
楽天カードで決済1.0%
合計1.5%1.0%1.0%

 

PayPayと違い、下記手順さえ満たせば、1.5%の還元率を得られるので簡単です。

  1. 楽天カードで楽天キャッシュにチャージ
  2. 楽天ペイの支払元を楽天キャッシュに設定

 

au PAYの還元率

au PAYの最高還元率は、1.5%です。

しかしながら、au PAYカード(レギュラーカード)によるau PAYへのチャージはポイント対象外となりました。同じく、auかんたん決済によるチャージも対象外です。

 ~2022年11月2022年12月~
基本還元率0.50%0.50%
au PAYカードチャージ1.0%
ゴールドカード特典1.0%1.0%
合計2.0%1.5%

 

よって、au PAYで1.5%の還元率を得るには、au PAYゴールドカードの所有が必須となります。

 

d払いの還元率

d払いの最高還元率は、1.0%です。

 ~2022年12月9日2022年12月10日~
基本還元率0.5%0.5%
dカード支払い特典0.5%
dカード決済ポイント1.0%
合計1.5%1.0%

 

もはやd払いをする意味がないですね。

dカードやdカード GOLDで決済しても、同じく1.0%が還元されます。VISAやMasterCardの加盟店の方がd払いができる加盟店よりも圧倒的に多いので、普通にカード払いをした方がお得と言えます。

 

送る機能でPayPayを利用せざる負えない?

確かに、PayPayの還元率は、PayPayステップの達成など、条件が厳しい部分もありますが、加盟店は断トツ。更に、利用者数は5,300万人を超えています。

しかも、PayPayの「送る」機能で割り勘をするという支払方法が定番になり、使っていない人が周りに迷惑をかけてしまうという側面もあります。実際に、2022年12月に放送されたワールドビジネスサテライトでは、

皆が使うので、仕方なくPayPayアプリをインストールしました。

という女性もいました。

そう考えると、否が応でもPayPayを利用する人は増えるわけです。

 

常に複数の選択肢を

お得なおショッピングをするために、最も重要なことは、一つの支払い方法に依存しないことです。

例えば、PayPayだけに執着してしまうと、PayPayポイントが貯まるからと、その加盟店でばかり買い物をしてしまいます。結果、ポイントに目がくらみ下記のように無駄遣いになってしまいかねません。(※コーヒー価格やキャンペーンは一例です)

ローソン イオン
コーヒー価格 140円 100円
PayPayで5%還元 7円分還元
イオンカード決済で1%還元 1円分還元
実質価格 133円 99円

 

よって、どこでお得なキャンペーンをやっているかではなく、どこの店舗が最も安いかを調べてから、その中で最もポイント還元の高い支払い方法を選択するという考え方でなければ結果的に損をしてしまいます。

私の場合は、PayPay等のメジャーな決済方法に加え、TOYOTA Wallet(電子マネーによるiD決済)やKyash(VISAプリペイドカード)というマニアックな支払い手段を常に用意しています。

その2つとクレジットカードを併用することで、常時2.4%の高還元を実現することができます。

※クレカ Kyash トヨタウォレット PayPayあと払い 合計
iD加盟店 1.0~1.2% 0.2% 1.0% 2.2~2.4%
suica加盟店 1.0~1.2% 0.2% 1.0% 2.2~2.4%
PayPay加盟店 0.2% 1.0~2.0% 1.0~2.0%
上記以外のVISA加盟店 1.0~1.2% 0.2% 1.2~1.4%
※還元率2.4%リクルートカード
※還元率2.2%PayPayカード

 

更にKyashとPayPayカードを併用することでiDやSUICAが使えない店舗でのポイント取りこぼしを防ぐことができるんです。

「iD・SUICA」が使えなければPayPayあと払い。「PayPayあと払い」が使えなければ「VISA(Kyashのリアルカード)」で支払う。と選択肢をいつも複数用意しておけば、できる限り多くのポイントを獲得できます。

引用元:クレカ払いに目覚めたい

 

よって、私個人の支払い方法の優先順位としては、、、

  1. TOYOTA Wallet(2.2%~2.4%)
  2. SUICA(2.2%~2.4%)
  3. PayPayあと払い(最大2.0%)
  4. 楽天ペイ(1.5%)
  5. Kyash(1.2%~1.4%)

となり、それに付随するクレジットカードとしては、下記のようになります。ただ、あまりクレジットカードをたくさん作りたくないという方は、PayPayカードと楽天カードだけの二刀流でも高還元は受けられると思います。

PayPayカード

・1.0%の高還元率
・PayPayあと払いで還元率最大1.5%
・QRコード決済シェアNo.1のPayPay残高に直接チャージできる唯一のクレジットカード
・入会キャンペーンで7,000円分のpt獲得

楽天カード

・1.0%の高還元率
・入会キャンペーンで5,000~8,000円分のpt獲得
・海外で便利な旅行保険付帯
・傷害・疾病治療費用保険が最高200万円

リクルートカード

・1.2%の圧倒的な高還元率
・ポイント3重取りで常時2.4%の還元率
・入会CPで6,000~8,000円分のpt獲得
・国内・海外旅行保険付帯

コメント

スポンサーリンク