ファンくるのRポイントを現金へ交換するには?「ドットマネー」一択?

スポンサーリンク
ビジネス

コロナ渦の中ですが、久しぶりに「ファンくる」で覆面調査を行ってきました。

行った店はとっても美味しかったし楽しかった。覆面調査を行うだけあって接客もしっかりしていて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

また、報酬(ポイント)もアンケートとレシートを提出後すぐに付与されていました。

では、その貯まったポイントですが、何に使えるのか?そして、現金に交換する為には「ファンくる」以外のサービスを経由しなければなりませんが、どこを経由するのが最もお得なのか?

この記事ではまとめます。

スポンサーリンク

Rポイントは何と交換できるの?

「ファンくる」で貯まるポイントはRポイント。楽天ポイントと混同しそうですが全くの別物です。そして、交換の方法としては下記6つ。

  • 「ドットマネー by Ameba」経由でマイルと交換
  • 「RealPay」経由で現金と交換
  • 「PeX」経由で現金と交換
  • 「Gポイント」経由で現金と交換
  • 「ファンくる内」で商品と交換
  • 「Amazonギフト券」と交換

 

現金と交換

Rポイントを現金に交換するためには、下記サービスののいずれかを経由しなければなりません。

  • ドットマネー
  • RealPay(旧PointExchannge)
  • PeX
  • Gポイント

その際、「Rポイント⇒上記サービス」への交換は手数料がかかりませんが「上記サービス⇒現金」への交換は手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

 RealPayPeXGポイントドットマネー
最低交換ポイント数5,000Rポイント5,000Rポイント5,000Rポイント5,000Rポイント
交換手数料無料無料無料無料
交換予定日リアルタイムリアルタイムリアルタイムリアルタイム














楽天銀行198円
(翌営業日)
50円
(リアルタイム)
10%
(リアルタイム)
無料
(5営業日内)
ゆうちょ銀行168円
(翌々営業日)
50円
(翌月25日前後)
10%
(7日前後)
無料
(7営業日内)
みずほ銀行230円
(翌営業日)
無料
(5営業日内)
ジャパンネット銀行168円
(翌営業日)
住信SBIネット銀行168円
(翌営業日)
三菱UFJ銀行230円
(翌営業日)
200円
(翌日~1週間程度)
三井住友銀行158円
(翌営業日)
スルガ銀行Gポイントクラブ10%
(2~3営業日後)
セブン銀行ATM受取176円
(リアルタイム)
上記以外250円
(翌営業日)
200円
(翌日~1週間程度)
10%
(7日前後)
無料
(5営業日内)
※RealPayは現金交換の際、1万円ごとに上記手数料が発生します。

 

ドットマネー

現金への交換は「ドットマネー」が一番お得です。

手数料は無料ですからね。

ただ、新たに「ドットマネー」に登録するのが面倒な方や、交換まで5営業日も待てないという方は、他3サービスへの交換を視野に入れましょう。

 

実質無料で交換なら「Gポイント」

Gポイントは現金へ交換する際、10%の手数料がかかりますが、ポイント交換手数料還元対象サービスを利用すれば、上記手数料は実質無料となります。

だけど正直ややこしい・・・

Gポイントの利用に慣れている方はいいですが、そうでない方は手間が数倍に増える為、正直面倒に感じる部分も多いと思います。

そして、もし後々の手数料還元が面倒になってしまったら「10%」。1万円なら1000円の手数料を損することになります。よって、

その可能性あるかも・・・

と少しでも思われた方は「ドットマネー」への登録を検討してみましょう。

 

・「ドットマネー」に登録するのが面倒な方
・「Gポイント」の扱いに慣れている方

 

二度手間が面倒な方は「PeX」

上述したように二度手間が面倒という方は、「PeX経由」で楽天銀行への交換がお薦めです。手数料は50円かかりますが手間はかからず反映もリアルタイムです。

ただ、楽天銀行の出金手数料が無料でない方は、出金時に220円の手数料がかかります。合計すると、、、

270円=50円+220円

も支払わなければなりません。よって、上記に該当する方は、振込まで最大1ヶ月かかりますが、ゆうちょ銀行・みずほ銀行・ジャパンネット銀行への出金か「ドットマネー」からの交換を再度検討しましょう。

 

・「ドットマネー」に登録するのが面倒な方
・「Gポイント」の二度手間が面倒な方で、楽天銀行の出金手数料が無料または、振込まで最大1カ月間の待機ができる方。

 

上記以外なら「RealPay」

上記3つへの現金交換ができない方の最後の選択肢として挙げられるのが「RealPay」です。

ただ、「RealPay」は現金交換の際、1万円ごとに上記手数料が発生します。例えば、2万円を楽天銀行に交換するなら、、、

396円=198円×2

と高額のポイント交換には不向きです。よって、上記3つを検討してそれでも私は「RealPay」でよいという方のみ利用するようにしましょう。

 

商品やサービスと交換

「ファンくる」内で新商品やサンプル品を試す際に、ポイントを利用して購入することができます。

 

Amazonギフト券と交換

Amazonのギフト券と交換することができます。

  • 最低交換ポイント数:10,000Rポイント=1,000円分
  • 交換レート:10,000Rポイント=1,000円分
  • 交換手数料:無料
  • 交換予定日:リアルタイム

 

まとめ

以上、ファンくるのRポイント交換の方法についてまとめてみました。

手数料は仕方ないと思いますが、貯めたポイントを現金化するのに別サービスを経由する事には違和感がありますね。それでも私は今までに何十回も「ファンくる」を利用してきましたし、また今後も利用するつもりです。

店舗でご飯を食べて、自分の感じたことをしっかりと報告して、それが店舗のサービス改善に繋がる。

こんなに楽しい社会貢献は他にはないと思います。

コロナの影響で利用できる店舗が無くなった時期もありましたが、今は少しずつ盛り返してきていると思います。どうか、今後も負けずに利用できる店舗数を増やしていってほしいと心から応援しています。

 

コメント

スポンサーリンク