2022年12月にメルカードがヤマダ電機やビックカメラ等の家電量販店で10%の還元を実施!

スポンサーリンク

2022年11月よりサービスを開始したメルカード。

常時1%の還元があり、支払い方法もJCB加盟店(実店舗・オンライン含む)、メルペイ加盟店、iD加盟店、オンライン上のMasterCard加盟店とかなり豊富です。

更に、2022年12月は、10,000円分のポイントがもらえる新規入会キャンペーンに加え家電量販店で10%(常時1%+9%)、上限1,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

スポンサーリンク

対象となる店舗は?

今回のキャンペーンで対象となる店舗はヤマダ電機・ビックカメラ・EDION・Joshin・マツヤデンキ・100満ボルト・ツクモ」です。

ただし、キャンペーンの対象となるのは、上記いずれかの店舗で期間中1回のショッピングだけです。例えば、ヤマダ電機で500円購入すると、500円×9%(1%は常時ポイントなので今回のキャンペーンとは別に付与されます)で45ポイント還元されますが、以降、ヤマダ電機でショッピングしようが、それ以外の上記店舗でショッピングしようがキャンペーンは適用されません。

よって、最も効率的にポイントを獲得するには、、、上記の中の1店舗で、11,111円分(1,000P=10,000円×9%)の買い物を1回ですることです。

その他にも、下記のような店舗で還元率がUPするキャンペーンを実施しています。ヤマダ電機での買い物がキャンペーンの対象になっても、コンビニ・ドラッグストアや飲食店など、家電量販店以外に分類される対象店舗でのショッピングは、別途キャンペーンが適用されるので、積極的に利用しましょう。

還元率 上限
コンビニ・ドラッグストア 3%(常時1%+2%) P200
飲食店 5%(常時1%+4%) P300
家電量販店 10%(常時1%+9%) P1000
ショッピング・その他 5%(常時1%+4%) P500
ふるさと納税 5%(常時1%+4%) P500
※キャンペーン参加にはエントリーが必要です。メルカリアプリからエントリーを行ってからショッピングをしましょう。
※ポイント還元予定日は、2022年2月末です。

 

 

ポイント還元対象外の支払い方法

上述したように、メルカードは、JCB加盟店(実店舗・オンライン含む)、メルペイ加盟店、iD加盟店、オンライン上のMasterCard加盟店で決済が可能ですが、今回のキャンペーンでは、一部対象外の支払い方法があるので注意が必要です。

加盟店名 メルカード コード決済 iD 決済 ネット決済 バーチャルカード
ヤマダデンキ 対象 対象 対象 対象外 対象外
ビックカメラ 対象 対象 対象 対象外 対象外
エディオン 対象 対象 対象 対象外 対象外
Joshin 対象 対象 対象 対象外 対象外
マツヤデンキ 対象 対象 対象 対象外 対象外
100満ボルト 対象 対象 対象 対象外 対象外
ツクモ 対象 対象 対象 対象外 対象外

 

ヤマダ電機ではトクトクキャンペーンも・・・

更に、12月1~31日の間にヤマダ電機でメルカード決済(メルペイスマート払い決済を含む)を実施後、下記2点のいずれかを満たすと、抽選で1等3,000ポイント(3名)、2等1,000ポイント(10名)、3等100ポイント(その他全員)が付与されます。

・家電製品をメルカリで出品
・ヤマダ電機各店舗で店頭買取・回収

 

メルカード・メルペイスマート払いのキャンペーン一覧

【2022年12月】メルカード・メルペイの入会キャンペーンやクーポンは?家電量販店は最大10%還元!
メルカリがクレジットカードであるメルカードを2022年11月より発行開始しました。それに伴い、最大で10,000円分のポイントが獲得できる入会キャンペーンを実施しています。\招待コード入力で500円分のポイント獲得/メルカリアプリをインスト

 

メルカードのメリット・デメリット

メルカードの還元率は決済のたびに0.1%上昇で最大12%?メリット・デメリットまとめ!
2022年11月8日よりフリマアプリのメルカリがメルカードというクレジットカードの発行を開始しました。メルカードの審査に通過すると下記のように高還元のポイントを獲得でき、利用できる店舗も大きく広がります。では、具体的にメルカードにはどのよう

コメント

スポンサーリンク