[仕入/売上] 戻や割戻・割引の違いや返品調整引当金等の仕訳は?

スポンサーリンク
簿記

売上原価算定の際、嫌気がさすのが、仕入や売上だけでなく、戻し(り)・割り戻し(り)・割引などの勘定科目が出てきたとき・・・

なんで、こんな似たような言葉が並んでいるのでしょうか・・・

まぁ嘆いていても仕方がないので、この記事では、上記の違いや仕訳・そして引当金の処理までをまとめます。

スポンサーリンク

三分法と九分法の違い

商品売買には「三分法」と「九分法」というものがあります。

「三分法」とは、戻し(り)・割り戻し(り)・割引等を仕入、売上勘定でまとめて処理する方法。「九分法」とは、それぞれの勘定で処理する方法です。

 三分法九分法P/L表示
仕入時仕入仕入
仕入値引時仕入値引売上原価から控除
仕入割戻時仕入割戻
仕入戻時仕入戻し
売上時売上売上
売上値引時売上値引売上から控除
売上割戻時売上割戻
売上戻時売上戻り
商品商品商品
※「値引」とは、不良・破損等により対価から控除する事。
※「割戻」とは、多量の取引によりリベートを行う事。
※「戻」とは返品する事。

尚、割引は上記に当てはまらず、「仕入(売上)割引」という勘定科目で営業外費用または、営業外収益として処理します。

 

引当金の処理

また一旦、売り上げた商品が、割り戻し・返品されることは引当金の要件に該当する為、「売上割戻引当金」や「返品調整引当金」を設定します。

 

売上割戻引当金の仕訳

①売上金100,000円に対して2%の売上割戻引当金を設定。

借方 貸方
売上割戻引当金繰入 2,000円 売上割戻引当金 2,000円

売上割戻引当金繰入は、売上から直接または間接的に控除して損益計算書には記載します。

 

②売上の割戻しを行ったため、掛け金と相殺。割り戻しの金額は2,000円で前期に販売した1,500円が含まれている。

前期販売分:売上割戻引当金で処理

当期販売分:売上を控除

借方 貸方
売上割戻引当金 1,500円 売掛金 2,000円
売上 500円

 

返品調整引当金の仕訳

①売掛金残高100,000円に対して返品調整引当金を設定(返品率:5%、原価率80%)

借方 貸方
返品調整引当金繰入 1,000円 返品調整引当金 1,000円

返品調整引当金繰入は、売上総利益を調整する方法で損益計算書には記載します。

 

②返品されたため、掛け金と相殺。金額は1,000円で前期に販売した500円が含まれている。

前期販売の利益部分:返品調整引当金で処理

前期販売の原価部分:仕入れから控除

当期販売分:売上を控除

借方 貸方
返品調整引当金 100円 売掛金 1,000円
仕入 400円
売上 500円

 

コメント

スポンサーリンク